シャンソンの魅力

一般の方のための素敵な趣味 シャンソン店内イメージ

歌うこと。声を出すだけでも、身体に良いと言われていますが、
世界一美しい言葉、と言われるシャンソンを歌うと、その美しさが
身体中に満たされる。

そんな気がしませんか?

カラオケに行ったり、自己流で歌うのも良いですが、教室で、習うと、
歌の楽しさがより拡がるアドバイスがたくさんあります。

シャンソンは、さまざまな感情のドラマがあります。優雅なパリの雰囲気を
感じながら歌うシャンソンは、長く楽しめる趣味と言えるでしょう。

歌手や俳優でなければ、日常で、そんなに喜怒哀楽を出しませんね。でも、歌うことや、演じることは、プロのためだけにあるものではない。
豊かな人生のためにシャンソンを。

日常的なテレビや、読書、などから受ける受動的な感情体験より、自分から主体的に得る、感情体験は自分の人生を鮮やかに彩ってくれます。

歌、特にシャンソンは、非日常の中で貴方を自分を豊かにさせる、ささやかで優雅な趣味です。

時代は流れゆく。お金も使えばなくなる。でも貴方が経験した得た感動体験から得た素敵な声は一生、あなたのもの。

   シャンソンを歌うと、どんな素敵なことがあるか、表にしてみました。
 非日常の感情体験  シャンソンには様々な感情ドラマがあります。それらを追体験することで、内面の豊さを育てます。
 表情を豊かにする  表情筋を柔軟かつ活発にすると、気持も活き活きとなります。
 身体を緩める  棒立ちで歌うわけにもいきませんので、可能なら身体でリズムを取ります。それが身体全体を緩めることにつながって行きます。
 呼吸を深くする  歌には様々な長さ、リズム、あるいは形の呼吸が流れています。その歌に流れる呼吸をマスターしていくと、自然に呼吸が深くなります。
 文化度を深める  シャンソンを歌うと、→フランスの文化にもっと触れたくなります。シャンソンには、教養を深めたくなる作用があるようです。
 舞台で主役になる  発表会で歌ってみるのも良いでしょう。目標があると頑張れます。衣装も凝って非日常の素敵なあなたを演出できます。ちなみに私は、自分で衣装を作ります。


たとえば、教室では、こんな曲をレッスン

→パリの空の下

→モンマルトルの丘

→バラ色の人生

鏡の中のあなたは?眉間に皺が?口の周りが固く、口角が上がらない?
一日、表情が動かない?→表情を使わない生活をしていると・・・。

そんな貴方は是非、教室でシャンソンを歌いましょう。→シャンソンとは?


シャンソンは、その文化をより知りたい、と思わせる音楽です。歌っていくうちに、フランスの、絵画、哲学、歴史、映画、ファッション、食文化、建築、など、色々と知りたくなります。


俳優の方には、様々な感情のドラマを数分の曲の中で表現できるシャンソンはお薦めです。教室では実際に、多くの俳優がシャンソンを歌われています。

ナビゲーション

バナースペース

スタッフ写真 School info.教室情報

御苑ボイススタジオ

東京都新宿区新宿2−7−7 
寿ビル402
TEL.03-3359‐5105
mail.kyson731@k6.dion.ne.jp

→アクセス